ブログを更新しました『塩引き鮭』

寒さも厳しくなりましたが皆さんは楽しくお過ごしでしょうか。
10月に、新潟へ出張した時のことですが、いつもはビジネスホテルに宿泊するのですが、今回はホテルが取れずに旅館となり、朝・夕の食事つきで予算をオーバーしましたが温泉につかりゆったりとした時間を過ごせました。
朝・夕の食事はバイキングでしたが、ごはんが入らないくらいの量で満足。
朝食には魚が大好きなので朝の定番塩鮭をチョイス、一口食べると今までの塩鮭と違い旨いの一言。白いごはん載せて食べても良し、お茶漬けでも良し極めつけは鮭のアラ汁(酒の粕汁)塩加減が絶妙の味わい。
「塩引き鮭」=「荒巻鮭」=「塩鮭」=?
後で旅館の人に聞くと村上地方で作られている「塩引き鮭」との事。
売店で「塩引き鮭」を発見、「塩引鮭」とは、雄鮭を塩漬けした後、塩抜きをして1週間ほど干し上げ、乾燥・熟成させたものらしいです。塩抜きと干す作業が行われない北海道の“新巻鮭(塩鮭)”と違って塩加減が均等になり、旨味が増すそうです。
写真のように一匹物も販売されていますが、切り身を買われる方が無難かも。病みつきになりそうです。

営業一部 北山