ブログを更新しました『明石海峡でブリを釣る』

ブリは、関西ではツバス→ハマチ→メジロ→ブリと名前が変る「出世魚」。地方によっては8Kg以上で「ブリ」と呼ぶこともあるが、明石では3年目の魚で体長が80センチ以上を「ブリ」と呼んでいる。

明石海峡大橋の東側、通称『高磯』と呼ばれるポイントに船がつけられた。
「水深55メーターから30メーターまでかけ上がり(一気に浅くなり)ます。潮は4ノット。底は岩場なので根がかり(地球を釣ってしまうこと)に気をつけて。」
船長のアナウンスと共にルアーを投入。300グラムのルアーが海底に着底、一瞬の躊躇でガッチリと地球を釣ってしまうのですぐにリールで巻取りにかかる。リールを巻きながら20メーターほどルアーを躍らせて魚からの反応を待つが、反応なし。再度、底までルアーを落とす、なんと水深が40メーターまで浅くなっている。潮の流れで船が流されて水深がどんどん浅くなっていく。おまけに海底はゴツゴツの岩場。
「はい、ポイントから外れました。潮上に戻ります。」
船長のアナウンスでリールをすばやく巻き上げてルアーを回収。
隣で釣っていた友人が、
「あかん!根がかりや。持って来たルアーが無くなってしまう。」
地球を釣ってしまってルアーをロスト。
「はい、水深60メーターです。魚群探知機に良い反応が出ています。今度は釣ってや。」
船長の合図と共に再度ルアーを投入、そして着底。
リールを2巻きした時、釣竿にズシッとした重量感が乗り、リールからブレーキを突破してすごいスピードで糸が引き出されていった。
「せッ船長っ!ヒットや!来たで!!」
釣竿は手元からブチ曲がって海面に突き刺さり、糸は少し巻き取ってもまたその分が引き出されの繰り返し。でも徐々に魚が浮いてきた。
「よっしゃ、ブリや!」船長が差し出したネットに取り込まれたのは、体長85センチのブリでした。

このブリを2日間冷蔵庫で熟成させて旨みの乗った頃合いで、まずはオーソドックスに刺身で。きっちり熟成させたブリは醤油をはじくほどの脂でまさに旨々。テレビのリポーターなどが、絞めたての魚を食べて「鮮度が良くて美味しい」なんて言っているが、魚はきっちり絞めて血抜きしたものを熟成させてこそ美味い。今回のブリに合わせる日本酒は、福井県安本酒造の「白岳仙」純米吟醸「涼純辛口」。こいつを冷やでグビグビといっちゃいましょう。スッキリした辛味に程よい酸味がブリの脂を綺麗に流してくれる。
そして、この刺身を手巻き寿司に。こいつも美味い。

焼き物は「カマの塩焼き」、頭は「ブリ大根」に、そして食べ切れなかった刺身は、「漬け」にして一晩寝かしてから酢飯に乗せて「漬け丼」でいただきましょう。
1匹まるまる楽しませていただきました。
ごちそうさまでした。

研究室 ながた