会社沿革

昭和21年 4月10日神戸市において、井上晋により佃煮製造業「井上商店」を創業
昭和23年 兵庫県明石市に井上商店明石工場を開設
昭和27年 資本金30万円にて、井上食品株式会社設立
昭和36年 神戸市兵庫区切戸町6-6に本社及び工場を移転
昭和40年 おつまみ商品の拡大に伴い、本社工場を増設
昭和44年 いか、カワハギ等の原料調達の拡大を目指し韓国へ進出
昭和46年 明石工場を分社。株式会社明食を設立(資本金20万円)
昭和50年 タイへ原料調達範囲を拡大
昭和52年 本社第2工場を開設
昭和55年 創業者 井上晋 勇退。代表取締役に井上嗣郎就任
昭和56年 東日本地区販売網強化のため、東京支店開設
昭和57年 原料調達力拡大を目指し、中国へ進出
昭和59年 輸入拡大に伴い、流通保管体制強化のため営業保税冷蔵庫を開設。
名古屋営業所開設
昭和61年 商品の多様化、販売量の増加に対応するため、本社第2工場を閉鎖し神戸市西区に西神戸工場を開設。 同時に、(株)明食を(株)フレンズフーズに商号変更
昭和62年 ベトナムでの原料調達を本格化させる
昭和63年 CI(企業イメージの統一化)を実施。
商標をマルイイーグルからフレンズフーズ改称
平成4年 本社及び本社工場を集約する為、新本社社屋(現本社ビル)に移転。
平成7年 仙台営業所開設
平成10年 代表取締役に井上簡子就任
西神戸工場内の研究室を独立部門に昇格させ、品質管理体制の強化をおこなう。
平成12年 中国工場製造の製品を販売開始
平成16年 水産部門への販売強化を目的に営業3部を設置
平成17年3月 事業強化の為、(株)フレンズフーズと事業統合。
代表取締役社長に井上淳也就任
平成17年6月 第4次基幹システム導入
平成18年5月 神戸物流センター稼動
平成23年 HACCP認証取得 兵庫県認証食品に「生しらす黄金炊き」「いかなご釘煮」が選ばれる
平成24年 パリパリこいわし旨塩味が全国水産加工品品質総合審査会にて農林水産大臣賞を受賞
平成24年4月 中四国営業所開設
平成25年 ひょうご優良経営奨励賞(神戸商工会議所会頭賞)を受賞