ブログを更新しました『ローカル線と駅弁』

製造部 池上です。

幼少の頃に何度かローカル線に乗った記憶があります。
当時のローカル線は旧型客車を機関車(DF50形、DD54形、DD51形、DE10形等だったと思う。蒸気機関車はもう走っていなかった)が牽引していました。山間部ののどかな風景とポリ容器に入ったお茶と駅弁が印象に残っています。あれから数十年、鉄道に興味を持つ最近までローカル線に乗る機会がありませんでしたが、気動車の写真が撮りたいと思った私は、ローカル線に乗ってみる事にしました。駅で弁当を買って、入線した列車の写真を撮って車内に乗り込んでみると今までのローカル線のイメージが崩れ去りました。ボックスシートに座ってゆっくり駅弁を食べるつもりだったのですが満員で座れない。ボックスシートは一部だけで車内のほとんどがロングシートでした。仕方がないので立ったままで前面風景や停車駅の駅舎等を写真に撮りながら終点まで行きました。

 最近は、列車の中で弁当を食べている光景をあまり見かけなくなりました。
 速い事が良いことと思われている現代では、駅弁すら食べている余裕も無いのでしょうか。